• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 地域の資金を集めて稼働した徳島・美馬のメガソーラーの5年

メガソーラー探訪

地域の資金を集めて稼働した徳島・美馬のメガソーラーの5年

予防保全に取り組み、パワコンの修繕も計画通りに

  • 加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテック研究所
  • 2017/12/05 06:00
  • 1/4ページ

 美馬(みま)市は、徳島県の内陸部に位置し、山や川、平地の田畑が織り混ざった、昔ながらの田園風景が残る地域である。吉野川が流れ、県内最高峰の剣山(つるぎさん:標高1955m)も市内に位置する。

 吉野川から少し離れながら、平行するように走る徳島自動車道の脇に、太陽光パネル出力1.189MW、連系出力1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「美馬ソーラーバレイ」がある(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●美馬ソーラーバレイ
見事な紅葉に囲まれていた。太陽光パネル出力は1.189MW、連系出力は1MW(出所:上は日経BP、下はガイアパワー)
[画像のクリックで拡大表示]

 藤崎電機(徳島県阿南市)グループのガイアパワー(同)が主体となって開発・運営している。2012年12月に発電を開始し、約5年が経過した。

 ガイアパワーが初めて開発したメガソーラーで、同社はこの後、多くの案件を開発していく(関連インタビュー)。現在、19カ所の発電所が稼動済みとなっている。

 美馬のメガソーラーは、土地から資金、運営まで、地域の企業や市民が多く参加するプロジェクトとなっている。

 土地は、地元の総合建設会社である、北岡組(美馬市美馬町)グループが所有する遊休地を活用した。北岡組グループは、メガソーラーの周辺で建材などの工場を運営するなど、この一帯に多くの土地を所有している。

 北岡組グループは、土地を提供するとともに、ガイアパワーとともにEPC(設計・調達・施工)サービスを担った。

 美馬のメガソーラーの南隣でも、北岡組グループの所有地に出力1.328MWの「美環(みかん)ソーラーバレイ」が開発されている(図2)。このメガソーラーでも、ガイアパワーは発電事業者に一部を出資するとともに、EPCサービスを担当した。

[画像のクリックで拡大表示]
図2●南隣にある「美環ソーラーバレイ」
上は美馬のメガソーラーの展望台から撮影。4列先の下った先に見えるのが美環ソーラーバレイ。下の画像では、徳島自動車道沿いの台形状の発電所が美馬ソーラーバレイ、そこから下が美環ソーラーバレイ(出所:上は日経BP、下はガイアパワー)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ