• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ電動化ニュース・トレンド解説 > ホンダのリチウムイオン蓄電機、1充電で何ができるか

ニュース・トレンド解説

ホンダのリチウムイオン蓄電機、1充電で何ができるか

電池容量377Wh、価格は約8万円

  • 窪野 薫
  • 2017/09/05 14:00
  • 1/3ページ
 ホンダは2017年9月1日、リチウムイオン電池を搭載する持ち運び型の蓄電機を発売した(図1)。製品名は「LiB-AID(リベイド)E500」。キャンプなど外出先での利用を想定している。価格は7万9920円〜8万6400円(税込み)、年間の販売計画台数は3000台である。

図1 ホンダの新型リチウムイオン蓄電機、「LiB-AID(リベイド)E500」
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダが目を付けたのは昨今の“車中泊ブーム”。同社が長年販売してきたガソリン発電機は駆動時に発生する音が課題となる。近年では周囲の目もあり、キャンプ場など特定の場所以外の夜間使用が難しくなってきた。ホンダは駆動時の音を小さくできるリチウムイオン蓄電機を開発することで需要に応える狙いだ。

 同社執行役員で日本本部長の寺谷公良氏は「アウトドアをはじめ、クルマで出かける様々な場所に一緒に持ち運べる。生活の可能性を広げる喜びを提供する」と意気込む。

 ガソリン発電機で国内外から支持を得るホンダ。新型のリチウムイオン蓄電機は、1965年に発売したホンダ初の発電機「E300」を踏襲した外観とし、大型の取手を備えることで持ち運びしやすくした。製品寸法は全長266×全幅182×全高248mm、質量は5.3kg。白、赤、黒の3色を用意した。

 搭載するリチウムイオン電池の容量は377Wh。2輪や4輪車の電動車両向けではなく、同製品のために電池を新規調達したという(関連記事:「キャンプのお供に蓄電機」、ホンダが提案)。充電には100Vの家庭用コンセントや車両のアクセサリーソケットを用いる。走行中に車両の電気を使って充電できるのが特徴だ。満充電までの時間は約6時間。出力用にUSB端子を2個、交流コンセントを2個搭載した(図2)。

図2 出力用にUSB端子を2個、交流コンセントを2個搭載
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ