• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスニュース・トレンド解説 > IBMの最新メインフレームz14、CPUはこうなっている

ニュース・トレンド解説

IBMの最新メインフレームz14、CPUはこうなっている

  • 小島 郁太郎
  • 2017/07/28 08:04
  • 1/3ページ

 日本IBMは、最新のメインフレームコンピューター「IBM z14」を2017年7月27日に都内で報道機関向けに紹介した。IBM z14は米IBM社が2017年7月17日(米国時間)に発表している(日本語ニュースリリース1)。

「IBM z14」のスケルトンモデル 左右の2筐体(ラック)で1構成となる。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の報道機関向け会見に登壇したIBMのRoss A Mauri氏(General Manager, z Systems)によれば、z14は漸進的に進化した製品ではなく、革命的な製品だと胸を張った。同氏によれば、z14の開発には5年間をかけた。また、日本を含めた各国のユーザーの声を聞きながら開発したことで、ユーザーが求めるコンピューターになったこともアピールした。

登壇したRoss A Mauri氏(右端)。日経テクノロジーオンラインが撮影。スクリーンはIBMのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ