• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEものづくり > ドラマ化記念「町工場の娘」インタビュー:ものづくりが輝く時代をもう一度見てみたい

ドラマ化記念「町工場の娘」インタビュー:
ものづくりが輝く時代をもう一度見てみたい

 父の急逝をきっかけに専業主婦から32歳で精密加工メーカーであるダイヤ精機の社長に。製造ラインなどで機械部品の良否を判定する測定具「ゲージ」を主力商品に同社を再建した。奮闘する“女社長”の姿は全国の中小企業の経営者の共感を得て書籍化。ついにはNHKでドラマ化に至った。
 注目の経営者である諏訪貴子氏に話を聞いた。

(聞き手は、山田 剛良、高市 清治=日経ものづくり)
   

諏訪貴子(すわ・たかこ)
諏訪貴子(すわ・たかこ) 1971年東京都大田区生まれ。95年成蹊大学工学部卒業後、自動車部品メーカーのユニシアジェックス(現・日立オートモティブシステムズ)入社。98年と2000年に創業社長の父に請われ、ダイヤ精機に入社するがリストラに遭う。以後は専業主婦だったが、2004年父の急逝に伴い、ダイヤ精機社長に就任。機械部品の良否を判定する測定具「ゲージ」の設計・製作に注力するなどして同社を再建した。経済産業省産業構造審議会委員。政府税制調査会特別委員。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013」大賞受賞。(写真:加藤康)

記事一覧

おすすめ