• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEものづくり > 3Mで学んだ脳科学活用マネジメント

3Mで学んだ脳科学活用マネジメント

 本コラムは、数々のイノベーションで広く知られる3Mグループにおいて、大久保孝俊氏が体得したイノベーション創出のためのマネジメント手法を具体的に紹介します。大久保氏は、自身で幾つものイノベーションを実現しただけでなく、マネジャーとして多くの部下のイノベーションを成功に導きました。

 最新の脳科学の知見を活用し、人間の本質に根差したメンタリングやコーチングで人のやる気を引き出してきた著者が、「組織や人のモチベーションを高める」独自のノウハウを公開します。

大久保孝俊(おおくぼ・たかとし)
スリーエム ジャパン チーフ・プロセス・オフィサー(CPO)
1983年3月住友スリーエム(現スリーエム ジャパン)に入社、磁気製品の開発を担当。1987年7月、米3M社メモリーテクノロジーグループ研究員。1999年10月、山形スリーエム デコラティブ・グラフィックス技術部長。2003年9月、米3M社アジア・太平洋地域担当シックスシグマ・ダイレクター。2005年6月、米3M社コーポレートリサーチ研究所技術部長。2007年6月、住友スリーエム執行役員。2009年8月、スリーエムジャパングループ(当時は住友スリーエム)のビジネスプロセスの全体最適化を担うCPOに就任。

おすすめ