• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業 > 機械の意識はこう作る、「和製DeepMind」の大志

機械の意識はこう作る、「和製DeepMind」の大志

意識を人工的に再現する。野心的な開発目標を掲げるのがベンチャー企業のアラヤである。神経科学分野出身のCEOが一線級の研究者を率いる姿は、人工知能研究で世界のトップを走る米Google社傘下の英DeepMind社さながらだ。アラヤを支える意識の理論と実用化への道筋を、CEOの金井良太氏が3回にわたって語る。

金井 良太(かない・りょうた)氏
金井 良太(かない・りょうた)氏 2000年に京都大学 生物物理学科 卒業。2005年、オランダUtrecht Universityで実験心理学のPhDを取得。米California Institute of Technologyにて、下條信輔教授のもとで視覚経験と時間感覚の研究に従事。2015年まで英University of Sussex 准教授(認知神経科学)を務める。2015年にアラヤを創業し、代表取締役 CEOに就任。写真は「第2回 全脳アーキテクチャ・シンポジウム」での講演の様子。

記事一覧

おすすめ