• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

MSDの「ヘルステックプログラム」、いよいよキックオフ(page 3)

支援先に選定されたベンチャー3社も登壇

2016/06/15 17:30
大下 淳一=日経デジタルヘルス

MRの視点を採り入れる

 エクスメディオは、医師間(DtoD)の皮膚疾患診療支援サービス「ヒフミル君」を手掛ける。「日本初の無料で使える医師向け臨床支援アプリ」(同社 CTO/Co-Founderの今泉英明氏)で、皮膚科の非専門医がアプリで相談を投げかけると、短時間で専門医からの診療アドバイスが得られる。眼科版の「メミルちゃん」もある。

 同社は「医師同士の互助を支援し、医療を底上げする」(今泉氏)ことを狙い、これらのサービスを提供中。課題は、ユーザー数の拡大や多角的な視点からの製品評価という。

 メンターリングでは、製品やサービスの価値をMSDのMR(医薬情報担当者)が検証する。検討中の新機能についての議論や調査も行う。

 今回のキックオフを受け、各テーマについて2016年6~8月にメンターリングを実施。同年9月までにデモンストレーションの機会(デモデー)を設けたい考えだ。

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング