• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス通信CEATEC JAPAN 2017 > SMK、メッシュ可能なIoT無線「IP500」モジュール展示

CEATEC JAPAN 2017

SMK、メッシュ可能なIoT無線「IP500」モジュール展示

  • 宇野 麻由子
  • 2017/10/06 06:13
  • 1/1ページ
 SMKは、IoT向けの中距離無線通信方式「IP500」に対応する無線通信モジュール「CNX200」シリーズの開発品を、「CEATEC JAPAN 2017」(2017年10月3~6日、幕張メッセ)で展示した。IP500はドイツのCoreNetiX社などが開発した方式で、サブGHz帯と2.4GHzのデュアル規格となっており、メッシュネットワークができるという特徴がある。用途としてBEMS(ビルエネルギー管理システム)や、火災報知器やセンサーなどを結ぶビル内のネットワークなどを想定する。

おすすめ