• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ上海モーターショー2017 > トヨタのTNGAがいよいよ中国へ、2017年内に工場整備

上海モーターショー2017

トヨタのTNGAがいよいよ中国へ、2017年内に工場整備

第一弾は小型SUVと中型セダンか

  • 久米 秀尚、曹 暉
  • 2017/04/19 13:29
  • 1/3ページ

 トヨタ自動車は、新設計手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を世界最大の自動車市場にも展開する。日米欧の先進国市場のみだったTNGA対応車の開発・生産を、中国市場にも広げる計画を明らかにした。

 「上海モーターショー2017」(一般公開:4月21~28日)の開幕を目前に控える2017年4月18日、トヨタは中国・上海で記者発表会「TNGAナイト」を開催した。その名の通り、TNGAに対応した中国市場に導入することを宣言するものだった。

2台のコンセプト車を発表

 TNGAは、2015年12月に発売した「プリウス」から導入している車両設計・開発手法である。現在では、小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「C-HR」や中型セダン「カムリ」、大型セダン「レクサスLS」などにも使われている。

 今回のTNGAナイトでは、中国市場での発売を想定した2台のコンセプト車を初めて披露した(図1、2)。小型SUVのコンセプト車「丰巢WAY」はC-HRの兄弟車といった雰囲気だ。中型セダンのコンセプト車「丰巢FUN」はカムリと体格が近い。

図1 小型SUVのコンセプト車「丰巢WAY」
[画像のクリックで拡大表示]
図2 中型セダンのコンセプト車「丰巢FUN」
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ