• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

IFAで見たウエアラブル最前線、実用性とファッションが両立

IFA 2015見聞録前編

2015/09/16 00:00
柏尾 南壮=フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ

 ドイツ・ベルリンで開催された国際家電見本市「IFA 2015」(2015年9月4日~9日)に参加してきた。IFA 2015には世界中の家電メーカーが集結し、数多くのモバイル機器を発表、あるいはリリース直前に参考出展する。そこで今回と次回は特別編として、広大なベルリン見本市会場からのIFA 2015見聞録をお届けする。

健康機器はおしゃれになると使用率は3倍に

 医療機器として認証を受けたウエアラブルタイプの心拍計や血圧計を手がける米Qardio社。同社の市場調査によると、外観がおしゃれになるだけで機器の使用率は3倍になるという。病気を意識させる陰気な雰囲気をいかに払拭するかが、医療用の計測機器が成功できるかどうかの鍵を握るというのだ。

 Qardio社のカウンターで女性が手に取って見せてくれたオシャレなポーチの正体は血圧計。価格は129ユーロだ。

血圧計とは思えないおしゃれな外観。病気だと思わせないことが使い続けてもらう秘訣だという
血圧計とは思えないおしゃれな外観。病気だと思わせないことが使い続けてもらう秘訣だという
クリックすると拡大した画像が開きます

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング