• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

医学部を持たない大学の「医工連携」

2015/12/01 00:00
久保田 博南=ケイ・アンド・ケイジャパン 代表取締役社長(医工連携推進機構 理事)
シンポジウムのパンフレット
クリックすると拡大した画像が開きます

 東京・調布市にある電気通信大学(福田喬学長)は、2015年11月26日、「ライフサポート分野における医療機器開発の実践」と題するシンポジウムを開催した。理工科系の大学でありながら、医療・福祉の発展を目指して設立した「脳科学ライフサポート研究センター(BLSC、Brain Science Inspired Life Support Research Center)」が、日本医工ものづくりコモンズ(北島政樹理事長)と共催したシンポジウムだ。その中から見えた、同センターの医工連携の取り組みについて紹介したい。

取り組みのユニークさが目を引く

 BLSCは2013年4月に発足した研究センターであり、比較的歴史が浅い。ところが、本シンポジウムを通して明らかになった取り組みには、ほかに見られない特徴を有していることが分かった。

 同大学の中心が理工学研究であることは、大学名からも明瞭だ。ところが、本研究センターは、脳科学という、いわゆるME(Medical Engineering、医用工学)の中心テーマを標榜しており、まさしく医学との境界領域を扱っている。興味を引かれるのは、同大学内には医学部が存在しないこと。なぜそういう位置付けの大学内に? というのが最初の疑問だ。

 ところが、その疑問への回答は、図らずもこのシンポジウムの中に隠されていた。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング