• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 > 米太陽光発電市場は安泰!?、パネル価格は40セント/W!

現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線

米太陽光発電市場は安泰!?、パネル価格は40セント/W!

北米「ソーラー・パワー・インターナショナル2016」レポート

  • Junko Movellan=ジャーナリスト
  • 2016/09/29 19:23
  • 1/4ページ

 北米最大の太陽光発電関連の国際展示会「ソーラー・パワー・インターナショナル(Solar Power International=SPI) 2016」(2016年9月12~14日)がネバダ州ラスベガスで開催された。

会場にマイクログリッドを設置

 スマート電力アライアンス(SEPA)と米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)で共催するイベントは今年で13年目になる。今回は国内外から1万8000人以上が参加し、「ここ5年で最高の参加動員数です」と、SEPAで最高経営責任者を務めるJulia Hamm氏は語った。これは世界における米国市場への関心の高さを意味する。

 今回の総出展社数は650を超え、うち80社は蓄電池に関わる会社であった。蓄電池の出展社とセミナーの数が充実する中、今回は初めてマイクログリッドの特別展示とセミナーコースも加わった。会場外の駐車場には「ライブ(実際に稼働している)」マイクログリッドシステムが設置され、イベントの一部の電力消費量を賄った(図1)。

図1●晴天のネバダ州ラスベガスで開催された「Solar Power International 2016」(出所:SeaMove Media)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ