• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業スタートアップ山谷剛史の ニーハオ!中国デジモノ > 異色のスマホ用アクセサリーショップが面白い

山谷剛史の ニーハオ!中国デジモノ

異色のスマホ用アクセサリーショップが面白い

  • 山谷剛史
  • 2017/06/16 05:00
  • 1/2ページ

出典:日経トレンディネット、2017年5月2日、(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 オンラインショップの利用が進む一方で、電脳街のスマートフォン関連ショップは目に見えて客足が遠のいている。そんな中、「REMAX」というスマートフォン用アクセサリーショップが登場。中国各地にチェーン展開している。このチェーン店がなかなか面白いアクセサリー製品をそろえているので紹介したい。

 REMAXが扱っている製品はケーブル類、iPhoneケース、モバイルバッテリー、イヤホンやヘッドホン、モバイルスピーカー、LEDライト、VRヘッドセットなどさまざまだが、各店舗で最もスペースを占めているのはケーブル類だ。一般的なUSBケーブルからデザインにこだわったケーブルまで、さまざまなスマートフォン用ケーブルがあり、長さ、色、端子の形状ごとに壁一面に並べられている。

 ケーブルの次に目立つのはiPhone用カバーやモバイルバッテリー。モバイルバッテリーは、フロッピーディスク型、クラシックカメラ型、カセットテープ型など、ユニークなデザインの製品が目立つ。

 ちなみに中国の空港では、モバイルバッテリーの持ち込みに制限があり、例えば北京空港では「機内に持ち込むこと」「容量などスペックに関する記載があること」「1人につき2台まで」といったルールが決められている。REMAXが扱っている製品ならまず問題はないはずだがご参考まで。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
一見しただけでは、ケーブルと分からないシャレたデザインの製品も
昭和世代が泣いて喜ぶカセットテープ型のモバイルバッテリーは4000mAhで50元(約800円)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone用ケース「横須賀」。中国人にとっての横須賀はこういうイメージなのだろうか……
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ