電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

赤色LEDとは

red light emitting diodes

2010/08/10 00:00
出典:LED テクニカル ターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
現在販売中の赤色LED
現在販売中の赤色LED
ロームの赤色LEDを発光させたところ。

 赤色に発光するダイオードのこと。発光波長の中心は620~630nm程度である。イルミネーションやインジケーター,自動車のテール・ランプ,信号機など赤色に表示する部分の光源やLEDディスプレイの赤色光源,液晶パネルのバックライト光源などに使われ,応用範囲は広い。

  現在,赤色LEDの材料はAlInGaPという化合物半導体が主流である。AlInGaPはAl,Ga,In,Pの4種類の元素を使うので,4元材料と呼ばれる。LEDの分野で4元材料といえば,一般にAlInGaPを指す。赤色のみならず,AlInGaPは赤色から黄色の波長帯域をカバーする。

  AlInGaPは1990年代に入ってから急速に明るさが増した。MOCVD法に代表される気相エピタキシャル成長技術が向上し,結晶の品質が高まったからである。AlInGaPが登場する以前は,GaAs系半導体が主流だった。液相エピタキシャル成長技術を使っていた。

  赤色LEDは,青色LEDや緑色LEDと比べ,駆動電圧や温度特性が異なる。これは,赤色LEDがAlInGaP,青色LEDや緑色LEDがGaN系といった,半導体材料の違いに起因する。駆動電圧(順方向電圧)は,赤色LEDが2V台なのに対し,青色LEDや緑色LEDは3V台である。温度特性については,赤色LEDの方が温度により出力が大きく変化し,高温における出力の低下が緑色LEDや青色LEDよりも顕著になる。このような特徴の違いがあるため,液晶パネルのバックライトやLEDディスプレイなど,赤色LEDと青色LED,緑色LEDを組み合わせて使う場合に配慮が必要である。例えば,カラー・センサを使って赤色LEDの特性変動を監視したり,LEDの放熱性を高めたりといった工夫を施す。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング