• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

光学透過型HMDとは

コウガクトウカガタエッチエムディー

2009/09/17 09:00
1/1ページ
head mounted display HDD

 HMD(head mounted display)の方式の一つ。光学透過型では,自然な視界に,必要に応じて加工した情報や映像を重ねる。ユーザーの視界をすべて遮断し,代わりにビデオ・カメラで撮影した映像だけを見せる「ビデオ透過型」とは異なる。光学透過型のHMDの特徴は,小型・軽量であること。まだ開発途上のものがほとんどであるが,それでも,いくつかは既に一般の眼鏡やサングラスとサイズで大差がなくなっている。ただし,小型・軽量化を優先した結果,重畳した映像の視野の広さを示す「画角」は狭い。ビデオ透過型のHMDでは50度以上あった画角が,光学透過型のHMDでは9~35度と大幅に減少した。

 光学透過型HMDの多くは,マイクロディスプレイと呼ぶ超小型パネルの映像を,小型の光学レンズを介してメガネのレンズ部分に通し,さらにそこから何らかの技術で反射させることで目に映像を送り込んでいる。

 各メーカーは,視界と重畳映像の明るさ,鮮明さを高い水準で両立させるため,マイクロディスプレイからの光を目に送り込むまでの技術にそれぞれ独自の工夫を加えている。例えば,オリンパスが採用する「瞳分割方式」や,ソニーやコニカミノルタが取り組む,ホログラフィック・フィルムをメガネのガラスに張る方式などがある。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング