• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器NE用語 > 光学透過型HMD

NE用語

光学透過型HMD

コウガクトウカガタエッチエムディー

  • 2009/09/17 09:00
  • 1/1ページ
head mounted display HDD

 HMD(head mounted display)の方式の一つ。光学透過型では,自然な視界に,必要に応じて加工した情報や映像を重ねる。ユーザーの視界をすべて遮断し,代わりにビデオ・カメラで撮影した映像だけを見せる「ビデオ透過型」とは異なる。光学透過型のHMDの特徴は,小型・軽量であること。まだ開発途上のものがほとんどであるが,それでも,いくつかは既に一般の眼鏡やサングラスとサイズで大差がなくなっている。ただし,小型・軽量化を優先した結果,重畳した映像の視野の広さを示す「画角」は狭い。ビデオ透過型のHMDでは50度以上あった画角が,光学透過型のHMDでは9~35度と大幅に減少した。

 光学透過型HMDの多くは,マイクロディスプレイと呼ぶ超小型パネルの映像を,小型の光学レンズを介してメガネのレンズ部分に通し,さらにそこから何らかの技術で反射させることで目に映像を送り込んでいる。

 各メーカーは,視界と重畳映像の明るさ,鮮明さを高い水準で両立させるため,マイクロディスプレイからの光を目に送り込むまでの技術にそれぞれ独自の工夫を加えている。例えば,オリンパスが採用する「瞳分割方式」や,ソニーやコニカミノルタが取り組む,ホログラフィック・フィルムをメガネのガラスに張る方式などがある。

【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ