• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

動画ストリーミングとは

ドウガストリーミング

Phil Keys=シリコンバレー支局
2009/05/07 00:00
1/1ページ
出典:日経エレクトロニクス、2009年2月23日号 、p.30 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
video streaming

 リーマン・ショック以降,逆風が吹き荒れる米国の消費者市場で2008年,急成長を成し遂げた企業がある。宅配DVDレンタル事業大手の米 Netflix, Inc.である。2008年12月に終了した四半期実績で同社は,売上高の前年同期比が19%に達したと発表した。成長を牽引した主な要因の一つとして同社が挙げたのは,2007年1月に開始した動画ストリーミング・サービスの成功である。不況を追い風に,現在主流のケーブルや衛星テレビ・サービスに伍する勢いで伸びている。

 ストリーミングは,ネットワーク経由で配信されたデータを,受信しながら連続的に再生する手法である。受信側機器にすべてのデータをいったん蓄積してから再生する「ダウンロード」と対比的に使われる。ただし,ストリーミングでも再生品質を安定させるためなどに,データの一部を一時的に蓄積しながら再生するのが一般的だ。

 インターネットを使った動画ストリーミング・サービスは1990年代後半に始まった。米RealNetworks, Inc.が1997年にサービスを始めると,米Apple Inc.や米Microsoft Corp.といった大手も相次いで参入し,一時は大いに盛り上がった。だが,動画ストリーミングの本格的な普及は,2005年に入って米国家庭のインターネット接続のうち,ブロードバンドが占める割合が60%超えを果たす(米Nielsen/Net Ratings調べ)まで待たねばならなかった。米YouTube,Inc.のサービスが始まったのは,この時期である。

 動画ストリーミングはもともと,家電機器と相性が良いといわれていた。動画の再生がすぐ始まり,ユーザーの満足度が高いことや,受信側機器に大容量のストレージが不要でコストダウンに有利な点がその理由だ。だが,これまでは受信側機器としてパソコンを想定した動画ストリーミング・サービス以外に,目立った成功を収めたサービスはなかった。

テレビに接続してストリーミング動画を楽しめる,Roku社のSTB「Roku Digital Video Player」。価格は99.99米ドル
テレビに接続してストリーミング動画を楽しめる,Roku社のSTB「Roku Digital Video Player」。価格は99.99米ドル

 Netflix社のサービスはMicrosoft社の「Windows Media」を採用している。この結果,パソコンだけでなく,STBやゲーム機,対応テレビやBlu-ray Discプレーヤーといった家電機器を対象にできた。特に99.99米ドルという低価格で販売された米Roku,Inc.製のSTB「Roku Digital Video Player」は,大いに話題を集めた。

 このSTBは,各種の圧縮動画の再生機能やインタフェース回路などを持つオランダNXP b.v.製のSoC「PNX8935」に,256Mバイトの主記憶と,64Mバイトのフラッシュ・メモリを組み合わせている。7~8年前なら「高性能パソコン」と呼べるような性能を,100米ドル足らずの機器に組み込めるようにした半導体技術の進歩が,動画ストリーミングの成功を真に後押ししていると言えそうだ。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング