EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

ソフトウェア・シミュレータとは

ソフトウェア・シミュレータ

小島 郁太郎=日経マイクロデバイス
2006/07/01 21:00
出典:日経マイクロデバイス2006年7月号、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 SoC(system on a chip)に集積するプロセサ・コアの動作をコンピュータ上で模擬する「ソフトウェア・シミュレータ」に関心が集まっている。ソフトウェア・シミュレータを使うと,そのコアで稼働するミドルウェアやアプリケーション・ソフトウェアを,開発の早期から検証できるようになる(図1)。

 従来こうした目的には,論理エミュレータやハードウェア・エミュレータと呼ばれる装置を使うことが多かった。この装置では,模擬する対象の回路をFPGA(filed programmable gate array)上に載せる。ハードウェアで模擬するため,模擬する回路が確定していないと使えなかったり,装置の価格が高かったりするという問題点があった。このためハードウェア・エミュレータが実際に使える場面はそれほど多くはなかった。

プラットフォーム化が後押し

 これに対してソフトウェア・シミュレータは,C言語などを使って記述した一般的なソフトウェアであり,普通のコンピュータで稼働する。設計が未確定の場合は,詳細部分を省略して,全体の動作を大まかに模擬できる。ただし,これまではソフトウェア・シミュレータを作成する手間が大きく,一部の設計者が手元で作成して使っていた。

 流れを変えたのは,「プラットフォーム・ベースのSoC開発手法」である。この手法ではハードウェアの自由度を制限して,ソフトウェア開発の効率化を図る。その副次的な効果として,ソフトウェア・シミュレータを作成する手間が減少した。この結果,全社レベルで同シミュレータを利用する動きが活発になってきている。

ハードウェア・エミュレータとソフトウェア・シミュレータの併用で,開発期間を大幅短縮
図1 ハードウェア・エミュレータとソフトウェア・シミュレータの併用で,開発期間を大幅短縮
松下電器産業はプラットフォーム「UniPhier」を利用した開発環境に,ソフトウェア・シミュレータを統合する。ソフトウェア・シミュレータはハードウェア・エミュレータに比べて安価に使え,検証できる項目も増えるため,信頼性の向上にも寄与するという。同社のデータ。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング