• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計マイクロデバイス用語 > SystemVerilog

マイクロデバイス用語

SystemVerilog

システムベリログ

  • 小島 郁太郎=日経マイクロデバイス
  • 2006/04/01 21:00
  • 1/1ページ

 LSI設計で使うハードウェア記述言語「Verilog-HDL」を拡張した「SystemVerilog」が,IEEE Standard 1800として2005年11月に標準化された(図1)。LSI開発現場への適用も進んでいる。例えば2006年1月には2回目の「日本ユーザー・フォーラム」が開催された。2006年3月の国際会議「DATE(Design, Automation & Test in Europe)06」では,米Intel Corp.が全社規模で導入したことや,英ARM Ltd.が次期プロセサ・コア「Cortex-A8」の開発に使っていることを発表した。

検証と検証を一つの言語でカバー

 SyetemVerilogにはVerilog-HDLの機能であるモデリング(設計対象を記述すること)に加えて,検証に必要な情報を記述するための機能が備わっている。かつては,検証用EDA(electronic design automation)ツールのベンダーが,それぞれ独自の検証用言語を提供していた。複数の検証用言語があることや,設計と検証に異なる言語を使わなければならないことに,LSIの開発現場は不満を持っていた。その解消をSystemVerilogは狙った。

 具体的には,検証向けに(1)アサーション,(2)テストベンチ,(3)機能カバレッジの三つを扱えるようにした。アサーションは,検証項目を自然言語に近い形で記述したものをいう。「信号Aが『0』の間は,信号Bは『1』でなくてはならない」はその一例である。テストベンチは,被検証対象回路の周りの回路を指す。SystemVerilogを使ってテストベンチの動きを記述する。機能カバレッジは,被検証対象回路が備える論理機能のうち,検証が済んだ論理機能の割合を指す。機能カバレッジをチェックして,検証の進み具合を見る。

「SystemVerilog」の歩み
図1「SystemVerilog」の歩み
EDA業界の標準化機関である米Accelleraが音頭を取り,整備が進んだ。2003年にはEDAベンダーのサポートが始まり,2004年ころにはチップ設計への適用も始まった。本誌が作成。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ