クルマ 自動車の最新技術を追う
 

固体高分子型燃料電池とは

コタイコウブンシガタネンリョウデンチ

2006/03/27 20:30
出典:カーエレクトロニクス テクニカルターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
PEFC:polymer electrolyte fuel cell

 電解質にポリマ(高分子)を使った燃料電池で,80℃程度の低い温度で運転でき,50~60%と高いエネルギー変換効率が期待できる。この電解質が開発されたことで,燃料電池の自動車への応用が可能になった。

 米DuPont社のフッ素系電解質膜「Nafion」が有名だが,フッ素樹脂を使わない安価な炭化水素系膜の開発も進んでいる。

 実際の燃料電池はこの電解質膜を多数積層して作るが,水素や空気,生成水などの細かい流路を確保しながら効率と耐久性を同時に達成し,なおかつこの化学反応システムを安価に作ることは難しい。最近は,電解質膜を挟むセパレータという部品をカーボンからステンレス鋼に置き換える研究が進んでいる。ステンレス鋼なら複雑な流路がプレス加工で一体成型できるので,大幅なコストダウンが可能になる。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング