クルマ 自動車の最新技術を追う
 

渋滞予測とは

ジュウタイヨソク

2006/03/27 13:32
出典:カーエレクトロニクス テクニカルターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
traffic jam prediction

 カーナビがネットワークにつながるようになり,各社は渋滞予測機能の拡充に努めている。各社の渋滞予測機能は,過去のVICSデータをどこに持たせておくかという点で異なる。ホンダの「インターナビ・プレミアムクラブ」とトヨタ自動車の「G-BOOK ALPHA」は,カーナビ側ではなくサーバ側に保存している。ユーザーが渋滞予測機能を利用するたびに通信機能を使ってデータをダウンロードする。日産自動車の「カーウイングス」とパイオニアのハード・ディスク装置(HDD)内蔵カーナビ「サイバーナビ」は,カーナビ本体に過去の渋滞情報を記録している。カーナビ本体に記録してあれば過去のVICSデータをダウンロードする必要はないが,使っているうちにデータが古くなるという点は避けられない。

 トヨタは渋滞予測の精度を高めるために,独自開発の「3レンジ複合予測方式」を採用した。予測時間が現時点に近い方からショートレンジ予測,ミドルレンジ予測,ロングレンジ予測と3つのレンジに分け,この3レンジを組み合わせて最終的に渋滞を予測する。

 今すぐの予測については,過去のデータよりも現在のVICSデータに重きを置いたショートレンジ予測を主に利用する。ショートレンジ予測は,現時点の渋滞地点から,渋滞が周囲にどのように広がっていくかもシミュレーションする。ミッドレンジ予測は,現時点の渋滞情報と過去の渋滞情報の両方,ロングレンジ予測は,現在の渋滞情報は考慮せずに過去の情報から予測する。

 これらの3つの予測を組み合わせることで,渋滞の予測的中率が上がり,より適したルートや正確な目的地到着時間を求めることが可能になったという。

渋滞予測画面1
渋滞予測画面2 図1●トヨタの「G-BOOK ALPHA」の渋滞予測画面

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング