• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマカーエレ用語 > 渋滞予測

カーエレ用語

渋滞予測

ジュウタイヨソク

  • 2006/03/27 13:32
  • 1/1ページ
traffic jam prediction

 カーナビがネットワークにつながるようになり,各社は渋滞予測機能の拡充に努めている。各社の渋滞予測機能は,過去のVICSデータをどこに持たせておくかという点で異なる。ホンダの「インターナビ・プレミアムクラブ」とトヨタ自動車の「G-BOOK ALPHA」は,カーナビ側ではなくサーバ側に保存している。ユーザーが渋滞予測機能を利用するたびに通信機能を使ってデータをダウンロードする。日産自動車の「カーウイングス」とパイオニアのハード・ディスク装置(HDD)内蔵カーナビ「サイバーナビ」は,カーナビ本体に過去の渋滞情報を記録している。カーナビ本体に記録してあれば過去のVICSデータをダウンロードする必要はないが,使っているうちにデータが古くなるという点は避けられない。

 トヨタは渋滞予測の精度を高めるために,独自開発の「3レンジ複合予測方式」を採用した。予測時間が現時点に近い方からショートレンジ予測,ミドルレンジ予測,ロングレンジ予測と3つのレンジに分け,この3レンジを組み合わせて最終的に渋滞を予測する。

 今すぐの予測については,過去のデータよりも現在のVICSデータに重きを置いたショートレンジ予測を主に利用する。ショートレンジ予測は,現時点の渋滞地点から,渋滞が周囲にどのように広がっていくかもシミュレーションする。ミッドレンジ予測は,現時点の渋滞情報と過去の渋滞情報の両方,ロングレンジ予測は,現在の渋滞情報は考慮せずに過去の情報から予測する。

 これらの3つの予測を組み合わせることで,渋滞の予測的中率が上がり,より適したルートや正確な目的地到着時間を求めることが可能になったという。

渋滞予測画面1
渋滞予測画面2 図1●トヨタの「G-BOOK ALPHA」の渋滞予測画面

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ