クルマ 自動車の最新技術を追う
 

LEDヘッドランプとは

エルイーディーヘッドランプ

2006/03/27 13:26
印刷用ページ
LED head lamp

 白色LEDを使ったヘッドランプは,小型でデザインの自由度が高く,故障もしにくいという特徴を持つが,これまで量産車にを採用された例はない。法律で使用が認められていないためである。しかし2007年ころに欧州規格が改正される見通しで,そうなればLEDヘッドランプを搭載したクルマが続々発表されるだろう。明るさについては,多灯化することで各社とも300~400lmほどを実現しており,ヘッドランプに求められる500~1000lmに近づいている。

 白色LEDを使えばヘッドランプが小さくできるので,クルマのデザインには大きな影響を与える。機能面でも配光可変システム(AFS:adaptive front-lighting system)が作りやすくなるなどのメリットがある(図1)。ステアリングの舵角に合わせて照射角度を変えるAFSは,ランプを左右に振る駆動部を備えるのが普通。駆動機構はコスト増や故障の原因になるのでなるべく使いたくない。これに対し,市光工業は異なる向きに七つの白色LEDを配置し,進行方向に合わせて必要なLEDを点灯することでAFSを実現した。メインのランプは中心部を照らすHID(high-intensity discharge lamp)で,LEDはAFS用として周辺部を照射する。駆動部を省いたためライトを小型化,軽量化できるほか,信頼性も上げられる。

LEDランプを使ったAFS
図1●LEDランプを使ったAFS
メインビームはHIDで,ロービーム/ハイビームを兼用する。その周りをリング状に囲む部分は車幅灯として機能する。中には白色LEDが12個入っている。上にある小さいランプが白色LEDを使ったAFS。AFS点灯時は徐々にランプを切り替える。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング