クルマ 自動車の最新技術を追う
 

回転ダイヤルとは

カイテンダイヤル

2006/03/27 13:24
印刷用ページ
rotary dial

 急増するインパネのスイッチ数を減らす切り札がセンター・コンソールに配置した手のひらサイズの回転ダイヤルだ。

 ドイツBMW社はドライバーが運転に集中できるようにするためのインタフェース「iDrive」を「5/6/7シリーズ」で導入している。このiDriveで採用した回転ダイヤルの特徴は,コントローラ単体に「回転」「プッシュ」「スライド」の3種類の動作を持たせたことだ(図1)。さらにコントローラ内部にモータを組み込み,メニュー操作に応じてドライバーに振動や反力を伝えるようにした。ドライバーはメニュー選択時にコントローラから伝わる振動や反力で,メニューのどの位置にいるのかが分かり,直感的な操作が可能になる。

 このiDriveのコントローラ部には,アルプス電気と米Immersion社が開発した技術「ハプティックコマンダ」が組み込まれている。Immersion社の振動アルゴリズムを基にしてアルプス電気がモータを振動させる技術として開発したものだという。

 BMW以外にも,ドイツAudi社は「ロータリーボタン」,ホンダは「プログレッシブコマンダー」などの呼称で回転ダイヤルを導入している。Audiは「A8」に搭載した「MMI」と呼ぶマルチメディア・インタフェースに採用し,カーナビやオーディオだけでなく,車高やサスペンションの強度調整といったシステム設定にも利用している。これに対し,ホンダが2003年10月に発売した3代目「オデッセイ」で採用した回転ダイヤルは,もっぱらカーナビの制御だけに絞っている。

BMW7シリーズのiDriveコントローラ
図1●BMW7シリーズのiDriveコントローラ

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング