クルマ 自動車の最新技術を追う
 

有機ELパネルとは

ユウキイーエルパネル

2006/03/27 20:30
出典:カーエレクトロニクス テクニカルターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
organic electroluminescent (EL) panel

 有機ELパネルは,液晶パネルに比べて暗所コントラスト比が高い。液晶パネルは画面全部を黒色で表示をしてもバックライトの光が漏れ出し,やや明るい黒色として表示してしまう。これに対し,有機ELパネルは黒色がしっかりと沈むため,自動車のインスツルメンツ・パネルに使うと夜間の暗い車内で非常に美しく,高級車の雰囲気づくりに有効であると有機ELパネルを開発している部品メーカーは言う。

 矢崎総業は,車速やエンジン回転数,ガソリンの残量といった通常の計器で表示する情報に加えて,地図や天候,目的地までの所要時間,さらには緊急車両の接近を示すアニメーションなどを表示できる有機ELパネルを開発し,2004年10月に開かれた「ITS世界会議」で展示した(図1)。

 110mm×110mmのパネル3枚からなり,精細度は130ppi,輝度は200cd/m2,表示可能な色数は26万色。駆動方式はアクティブ型である。

 東北パイオニアも−40℃~+85℃で長時間駆動が可能な1.9インチ型と2.7インチ型のパッシブ型有機ELパネルを同じ会議で展示した。+85℃で100cd/m2の輝度が半減するまでの時間を3000時間以上に延ばしたという。+25℃下における輝度の半減時間は1万時間以上で,欧州の自動車メーカーに向けての黄色有機ELパネルの量産を始めているとのこと。液晶パネルにはない低温における高速応答性も有機ELの利点だという。

矢崎総業のアクティブ方式有機ELパネル
図1●矢崎総業のアクティブ方式有機ELパネル
2008年ころの実用化を目指している。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング