クルマ 自動車の最新技術を追う
 

ヘッドアップ・ディスプレイとは

ヘッドアップディスプレイ

2006/03/27 13:24
出典:カーエレクトロニクス テクニカルターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
HUD : head-up display

 クルマの情報化が進むにつれ,ドライバーが運転中にインスツルメンツ・パネル(インパネ)を見る頻度が増加している。ドライバーの視線移動を減らすために,ドイツBMW社が開発を進めてきたデバイスの一つがヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)である。すでに「M5」のオプションとして搭載されている。

 このヘッドアップ・ディスプレイは,フロント・ウインドウにカーナビの情報を投影するもの(図1)。通常のカーナビやタコメータ上の表示と比べて視線移動を減らせるメリットがある。投影する情報は実際にはフロント・ウインドウに映っているのだが,ドライバーには,あたかも道路上に表示しているかのように映るよう工夫している。車両前方との遠近差を少なくすることでドライバーの視認性向上を狙う。

 HUD自体は古くから研究されてきた技術だが,表示を大きくすると外界が見にくくなり,小さくすると表示が見にくくなるほか,速度以外の様々な情報まで表示に盛り込みにくいという難点がある。加えて,昼間の外界が明るいときに,しかも様々な色を持つ景色の中を走行すると表示が見にくくなるという問題もあった。BMWはこうした課題を,カーナビの情報表示に用途を絞ることによって解決した。

カーナビの情報をフロント・ウインドウに表示するBMWのヘッドアップ・ディスプレイ
図1●カーナビの情報をフロント・ウインドウに表示するBMWのヘッドアップ・ディスプレイ

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング