• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマカーエレ用語 > ヘッドアップ・ディスプレイ

カーエレ用語

ヘッドアップ・ディスプレイ

ヘッドアップディスプレイ

  • 2006/03/27 13:24
  • 1/1ページ
HUD : head-up display

 クルマの情報化が進むにつれ,ドライバーが運転中にインスツルメンツ・パネル(インパネ)を見る頻度が増加している。ドライバーの視線移動を減らすために,ドイツBMW社が開発を進めてきたデバイスの一つがヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)である。すでに「M5」のオプションとして搭載されている。

 このヘッドアップ・ディスプレイは,フロント・ウインドウにカーナビの情報を投影するもの(図1)。通常のカーナビやタコメータ上の表示と比べて視線移動を減らせるメリットがある。投影する情報は実際にはフロント・ウインドウに映っているのだが,ドライバーには,あたかも道路上に表示しているかのように映るよう工夫している。車両前方との遠近差を少なくすることでドライバーの視認性向上を狙う。

 HUD自体は古くから研究されてきた技術だが,表示を大きくすると外界が見にくくなり,小さくすると表示が見にくくなるほか,速度以外の様々な情報まで表示に盛り込みにくいという難点がある。加えて,昼間の外界が明るいときに,しかも様々な色を持つ景色の中を走行すると表示が見にくくなるという問題もあった。BMWはこうした課題を,カーナビの情報表示に用途を絞ることによって解決した。

カーナビの情報をフロント・ウインドウに表示するBMWのヘッドアップ・ディスプレイ
図1●カーナビの情報をフロント・ウインドウに表示するBMWのヘッドアップ・ディスプレイ

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ