クルマ 自動車の最新技術を追う
 

車載カメラとは

シャサイカメラ

2006/03/27 20:30
出典:カーエレクトロニクス テクニカルターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
in-car camera

 車載カメラの応用は大きく3種類ある。赤外線カメラ,視界補助カメラ,そして画像認識カメラである(図1)。

 最近特に注目を集めているのが夜間に使う赤外線カメラで,目に見えない光を照射して反射光を見る近赤外線カメラと,人体など発熱体を検知する遠赤外線カメラの2種類がある。両者は機能や活用法が異なる。

 視角補助用のカメラは,最近のボディ・サイズが大きいクルマでは1台で複数個を搭載することも多い。トヨタ自動車のSUV「ハリアー」は,前方と助手席側の死角表示用,後方用の3個を備える。

 国土交通省は2005年1月から大型のクルマに対して新しい法規制を実施した。「車両の左側側面と前面で直径30cm,高さ1mのポールを動かしたときに,ドライバーはポールの一部を確認できる必要がある」というもの。日産自動車が2004年9月に発売したSUV「ムラーノ」の「サイドブラインドモニター」はこの規制を先取りしたもの。

 車載カメラは,画像認識機能を持たせることで,視角補助以外への用途が広がる。2004年までは視角補助を中心として車両の前方と前側方,後方などへの応用が目立ったが,2005年以降は画像処理機能を使った車室内や後側方でのカメラ利用が進む見通し。室内では,シートに座っているかどうかの確認,ドライバーの目線を監視することで脇見運転に注意を促すシステムなどが考えられている。

車載カメラの3つの用途
図1 車載カメラの3つの用途

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング