• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
クルマ 自動車の最新技術を追う
 

インホイール・モータとは

インホイールモータ

2006/03/27 20:30
1/1ページ
出典:カーエレクトロニクス テクニカルターム、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
in-wheel motor

 ホイールに内蔵したモータ。動力の伝達効率,応答性ともに良く,モータを4輪それぞれに装着すれば4輪すべてを独立制御できる。さらに,ドライブ・シャフトやデファレンシャル・ギアなどが不要になり,車体設計の自由度が向上するほか,室内空間を拡大できることから,電気自動車や燃料電池車の駆動システムとして期待されている。

 しかし,バネ下質量が重くなることから,乗り心地の悪化やタイヤの接地性の低下による走行安定性の悪化などが課題となっていた。そこでブリヂストンは,モータの質量を乗り心地の向上のために使うという逆転の発想をしたサスペンション・システムを開発,2003年9月のフランクフルト・モーターショーに出展した。このシステムは,車軸に対してモータがダンパとバネを介して取り付けられている。モータが車軸の動きに対して逆位相に動くことでダイナミック・ダンパとして機能する。これにより,車軸の振動を相殺してタイヤの接地性を向上させている。

 構造が複雑になり電気自動車のコスト高を招くという指摘もあるが,ブリヂストンは改良を進め,2006年2月にはバージョンIIIを発表した(Tech-On!関連記事)。バージョンIIIでは,モータをアウター・ロータ方式からインナー・ロータ方式に変更し,そのほかの部品も改良した。バージョンIIではホイールの適用サイズが18インチ以上だったのに対し,14インチ以上とし小型化した。また,モータ単体の質量を従来の約60%に低減している(図1)。

ブリヂストンが開発したインホイール・モータ
図1 ブリヂストンが開発したインホイール・モータ
2006年2月に発表した最新型はインナー・ロータ方式に変更してホイール径も小型化している。

【技術者塾】(2/8開催)
事例/経験から学ぶ、ISO 26262の10個のポイント

~認証取得の失敗事例を参考に詳細説明~


機能安全認証取得と機能安全対応支援経験を踏まえてISO 26262の概要、必要要件、必要性、対応事例を解説します。ISO 26262対応のためにしなければならないこと、ISO 26262への技術面の対応方法、ISO 26262対応のプロセス構築方法などについて、認証取得の失敗事例を参考に詳細説明します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月8日(月)10:00~17:00
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング