電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

カメラリンクとは

カメラリンク

2005/10/10 18:18
印刷用ページ
CameraLink

 産業用デジタル・カメラと画像入力ボードを接続する規格仕様。デジタル・カメラに従来使われてきたRS-422パラレル・インタフェースよりも接続線数が少なく,高速で安価な標準インタフェースを市場に提供することを目的として5年ほど前に米国で制定された。最近になってようやく,日本でも普及し始めている。

 規格仕様を策定したのは,米国の自動化イメージング協会(http://www.machinevisiononline.org/)である。米国の半導体メーカーであるNational Semiconductor社が開発したフラット・パネル・ディスプレイ用インタフェース「チャンネルリンク(Channel Link)」を元に,仕様を画像処理システム向けに拡張した。物理層には,小振幅の差動伝送方式である,LVDS(Low Voltage Differential Signaling)を利用している。

 カメラリンクの回路構成では,28ビット・データを4本のLVDSチャンネルによって送信する。データ転送速度は最大で1.6G ビット/秒になる。28ビットのデータ・セットは24ビットの画像データ・ビットと,4ビットのステータス・ビットからなる。24ビットの画像データは8ビットずつ,3つのポート(A/B/Cポート)に分割される。ケーブル・コネクタは26ピンの高密度ミニ・デルタ・リボン・コネクタ(MDRコネクタ)である。26ピン中,10ピンをデータ伝送に使う。

 カメラリンクには,複数の画像取り込みを可能にする拡張仕様(コンフィギュレーション)が用意されている。基本仕様である上記の構成(ベース・コンフィギュレーション)に28ビット・データを追加したミディアム・コンフィギュレーションと,ミディアム・コンフィギュレーションに20ビット・データを追加したフル・コンフィギュレーションがある。


カメラリンクの基本構成

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング