• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

リアルタイムOSとは

リアルタイムオーエス

2005/10/06 16:47
1/1ページ
Real Time Operating System

 ある時間内に応答することが要求されるシステムをリアルタイム・システムと呼ぶ。そのなかでも応答時間の要求が特に厳しい処理をハード・リアルタイム処理,応答時間の要求が緩やかな処理をソフト・リアルタイム処理と分類している。

 リアルタイムOSは,ハード・リアルタイム処理に適したOSである。パソコンやサーバーなどが搭載しているOSに比べると,リアルタイムOSではプロセス(処理の実行単位)実行時間のスケジュールを極めて厳しく管理する。このため,応答時間や処理時間などを高い精度で予測できる。また複数のタスクを並行して処理するマルチタスク制御,複数の事象(イベント)が発生したときの優先度処理などの機能を備える。

 リアルタイムOSは通常,応答時間の要求が厳しい組み込み機器に搭載される。組み込み機器はマイクロコントローラ(マイコン)やメモリなどのハードウエア資源が限定されている。このためリアルタイムOSには,応答時間の厳密さといった本来の機能のほか,高性能(高価)なマイコンを使わずに済むこと,プログラム・メモリが少なくて済むことなどの仕様が要求されることが多い。

 国内の組み込み機器はリアルタイムOSとして,「μITRON仕様OS」を搭載することが多い。トロン協会が仕様を策定しており,誰でも使える手軽なOSである。市販のリアルタイムOSとしては,米ウインドリバーシステムズ社の「VxWorks」やカナダQNXソフトウエアシステムズ社の「QNX Neutrino」などがある。

 組み込み機器は現在では,ネットワーク接続機能やグラフィカル・ユーザー・インタフェースを備えることが多くなってきた。リアルタイムOSは,こういった処理を苦手とする。そこでWindows OSやLinuxなどのコンピュータ用OSを別に搭載し,ネットワーク処理やユーザー・インタフェース処理を担わせている。例えばリアルタイムOSに実装したミドルウエアの1つとして,Linuxを動かす。あるいはその逆である。

 ただしこの状態だと,処理の優先度がどちらかのOSに固定されてしまう。そこでリアルタイムOSとコンピュータ用OSを協調動作させ,必要に応じて処理の優先度を切り換える仕組みが開発されている。例えばイーソルは,二つのOSを協調動作させるブリッジ・モジュールを開発した。


リアルタイムOSとコンピュータ用OSを協調動作させる
μITRON準拠のリアルタイム・カーネル「T-Engine」とWindows CEを協調して動かすブリッジ・モジュール「TWister」の例。(イーソル社の資料を基に本誌が作成)

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング