ΔΣ変調とは

デルタシグマヘンチョウ

1999/08/23 16:40
出典:日経エレクトロニクス1999年8月23日号、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 アナログ信号をデジタル信号に変換するΔ(デルタ)変調を発展させた変調方式。積分器の次数を上げることで,変調の際に生じる量子化ノイズを高周波数領域に移動できる(ノイズシェーピング)。これにより,音質を上げられる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング