• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 青色LED向け基板に新候補、2インチのSCAM結晶を福田結晶技術研究所が試作

青色LED向け基板に新候補、2インチのSCAM結晶を福田結晶技術研究所が試作

東北大学が有用性を確認

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/08/08 11:53
  • 1/1ページ
福田結晶技術研究所は、口径50mm(2インチ)のSCAM結晶の試作に成功した。青色LED素子や青紫色半導体レーザーといったGaN系発光素子の基板での利用を想定している。SCAMは、青色LED素子を製造する基板で多用されているサファイアに比べてGaN系半導体の結晶欠陥の削減に向くことから、発光素子の高輝度化を期待できる。試作品を利用して、東北大学 金属材料研究所 教授の松岡隆志氏の研究グループがGaN系半導体を積層してLED構造を設けたところ、その有用性を確認できたという。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓