• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 青色LED向け基板に新候補、2インチのSCAM結晶を福田結晶技術研究所が試作

青色LED向け基板に新候補、2インチのSCAM結晶を福田結晶技術研究所が試作

東北大学が有用性を確認

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/08/08 11:53
  • 1/1ページ
福田結晶技術研究所は、口径50mm(2インチ)のSCAM結晶の試作に成功した。青色LED素子や青紫色半導体レーザーといったGaN系発光素子の基板での利用を想定している。SCAMは、青色LED素子を製造する基板で多用されているサファイアに比べてGaN系半導体の結晶欠陥の削減に向くことから、発光素子の高輝度化を期待できる。試作品を利用して、東北大学 金属材料研究所 教授の松岡隆志氏の研究グループがGaN系半導体を積層してLED構造を設けたところ、その有用性を確認できたという。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓