• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「スエマエ」「フジカキ」を生んだ名門ルネサス・バドミントン部、廃部危機を再春館製薬所が救う

「スエマエ」「フジカキ」を生んだ名門ルネサス・バドミントン部、廃部危機を再春館製薬所が救う

  • 大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/08/08 00:24
  • 1/1ページ
 ルネサス エレクトロニクスは2014年8月7日、多くの五輪選手を輩出してきた名門のバドミントン部を、再春館製薬所へ移管することを決定した。ルネサスは経営再建に向けた構造改革を進める中で、バトミントン部の活動継続について検討を重ねてきた。部の存続に向けて移管先の企業や団体を探す中で、熊本県からの紹介を受け、県内に本社を持つ再春館製薬所への移管が決定したという。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓