エネルギー
 

ドイツSMA、南アフリカの40MWのメガソーラーに現地生産設備を納入、パワコンも現地生産へ

加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2014/08/07 16:17
印刷用ページ
南アフリカで現地生産したストリング監視システム、中圧変圧器を納入した40MWのメガソーラー「Linde」(出所:SMAソーラーテクノロジー)
南アフリカで現地生産したストリング監視システム、中圧変圧器を納入した40MWのメガソーラー「Linde」(出所:SMAソーラーテクノロジー)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ドイツの大手パワーコンディショナー(PCS)メーカーのSMAソーラーテクノロジーは8月、南アフリカに建設された出力40MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「Linde」に、PCSのほか、現地で生産した関連機器の納入が完了したと発表した。

 Lindeには、43台の中央制御用PCS「Sunny Central 850CP」、258台のストリング監視システム、22台の中圧変圧器を納入した。このうち、ストリング監視システム、中圧変圧器を、南アフリカで生産した。

 SMAソーラーテクノロジーは、今後、PCSも南アフリカで生産することを決定した。ケープタウンにPCSの生産工場を建設する。

 これによって、南アフリカ政府による独立系発電事業者からの再生可能エネルギー調達プロジェクト「Renewable Energy Independent Power Producer Procurement Programme(REIPPPP)」における現地調達要件を満たせるという。

 南アフリカは、太陽光発電の急成長が見込まれている市場で、SMAソーラーテクノロジーも開拓に注力している。PCSの現地生産は、REIPPPPの第4ラウンドのプロジェクトに間に合う時期に開始する。

 南アフリカのPCS工場は、生産量を柔軟にできる構成とし、需要の変化に迅速に適応できるようにする。製造ラインや倉庫などのほか、テストセンターも備える。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング