• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > “ショッカソン”って何だ!?

“ショッカソン”って何だ!?

写真で見る触覚フィードバック技術の応用例

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/08/05 18:07
  • 1/1ページ
 触覚フィードバック技術を利用した「触覚ハッカソン」。通称「Shock-a-thon(ショッカソン)」と呼ばれるイベントが2014年8月2~3日に開催された。場所は、主催者である富士ゼロックスの「お客様価値創造センター」(横浜みなとみらい)。各企業や大学などが“素材”になる触覚フィードバックデバイスなどを貸し出し、それらをハッカソンの参加者が利用して、さまざまなシステムやアプリを試作するイベントである。参加者はいくつかのチームに分かれており、各チームでハッカソンの成果を競い合う。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓