• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業異業種連携 > 東工大・一橋大・会津大と台湾Alchip、30G FLOPS/Wのスパコン向けプロセッサーICを開発

東工大・一橋大・会津大と台湾Alchip、30G FLOPS/Wのスパコン向けプロセッサーICを開発

  • 小島 郁太郎=日経エレクトロニクス
  • 2014/06/27 15:43
  • 1/1ページ
台湾Alchip Technologies社は、東京工業大学・一橋大学・会津大学の研究者とAlchipが共同でスーパーコンピューター向けのプロセッサーIC「PACS-G」を共同開発したと発表した。同ICの電力効率は30G FLOPS/Wで、世界最高水準だという。
日経テクノロジーオンライン×リンカーズ
ものづくりの新たな課題解決策がここに

試作先、量産先、製品、部品、技術・・・。
製品を企画したものの、自社内や既存の取引先では、必要なピースが埋まらない。
そんな課題を解決するサービスを提供しているのが、リンカーズだ。
足りないピースを、日本全国に散らばった目利きのネットワークを使って、
中小ものづくり企業43万社から探索できる。


詳細はこちら

おすすめ