半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

ルネサス子会社を買収したSynaptics、CEOが会見で放った強気

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2014/06/17 14:56
印刷用ページ
図1 買収の狙いを語るSynaptics社President and CEOのRick Bergman氏(右)と、ルネサスエスピードライバ(RSP)代表取締役社長の工藤郁夫氏(左)。
図1 買収の狙いを語るSynaptics社President and CEOのRick Bergman氏(右)と、ルネサスエスピードライバ(RSP)代表取締役社長の工藤郁夫氏(左)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Synaptics社は2014年6月10日(米国時間)、中小型液晶ドライバーIC事業を手掛ける、ルネサス エレクトロニクス連結子会社のルネサスエスピードライバ(RSP)を買収することを発表した(関連記事)。Synaptics社は、ノートパソコンのタッチパッド用ICでは世界シェアの約60%を、スマートフォンやタブレット端末のタッチパネル用ICでは同約42%を握っている。

 Synaptics社とRSPは6月11日午後に、今回の合意内容に関して東京都内で記者会見を開いた。Synaptics社President and CEOのRick Bergman氏が登壇し、買収の狙いや今後の方針を示した(図1)。同氏は会見中、何度も「世界のリーダー2社が一緒になることで、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の領域で圧倒的なナンバーワンの地位を確保する」と繰り返した。Bergman氏の主な発言は次の通り。強気に満ちた言葉が並んだ。

 「Synaptics社は、スマートフォンなど向けのタッチコントローラーICやノートパソコン向けのタッチパッドICで世界1位のシェアを握っている。指紋センサーでも世界1位だ。RSPは、中小型液晶ディスプレー用ドライバーICで世界最大のサプライヤーである。RSPの買収によって、HMI業界の2つのリーダーが手を組む形になる。2つのリーダーが協力することで、新しいHMI体験を提供できる。何より重要なのは、1社でサービスを提供できるようになること。顧客に統合化した製品や顧客サービスを提供できる」

 「今回の買収はSynaptics社の歴史においても最大の買収となる。買収金額は4億7500万米ドル(約485億円)。RSPの株式を100%、2014年第4四半期(10~12月)までに取得する予定である。取り引きが完了すると、RSPの350人の従業員はSynaptics社のメンバーに加わる。アジアにいる我々の顧客との距離はさらに短くなり、拠点の拡大にもつながる。Synaptics社としては、RSPの社員全員に仕事を継続してもらいたいと考えている。我々は成長している会社。全ての従業員が継続してくれることを願っている」

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング