ウエアラブル 身に着ける機器の今と未来を探る
 

レーザーで網膜上に描画、QDレーザと東大がウエアラブル向け“表示装置”を実用化へ

中道 理=日経エレクトロニクス
2014/06/06 18:03
印刷用ページ
 QDレーザと東京大学 ナノ量子エレクトロニクス研究機構は共同で網膜に直接レーザーで画像を描画するタイプの画像提示機構を持つウエアラブル端末「レーザアイウエア」の基盤技術開発に成功し、「東京大学駒場リサーチキャンパス公開」(東京・目黒区、2014年6月6~7日)で一般公開した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング