ウエアラブル 身に着ける機器の今と未来を探る
 

ドコモ・ヘルスケア、装着・操作性を改善したリストバンド型活動量計「ムーヴバンド2」を発表

製造メーカーはオムロン ヘルスケアに

小谷 卓也=日経デジタルヘルス
2014/05/14 16:00
印刷用ページ
NTTドコモの2014年夏モデル発表会の中で紹介された
NTTドコモの2014年夏モデル発表会の中で紹介された
[クリックすると拡大した画像が開きます]
発売するムーヴバンド2
発売するムーヴバンド2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
今回の機種(左)と前機種(右)。側面に操作ボタンを追加した
今回の機種(左)と前機種(右)。側面に操作ボタンを追加した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
前機種(右)に存在した金属製の止め具を排除した
前機種(右)に存在した金属製の止め具を排除した
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ドコモ・ヘルスケアは、リストバンド型活動量計「ムーヴバンド2」を発表した。2014年6月中旬に販売を開始する。

 2014年1月に発売した「ムーヴバンド」の最新機種(関連記事)。手首に装着して健康に関するデータ(歩数や移動距離、消費カロリー、睡眠時間など)を計測する端末である。同社が提供する、スマートフォン上の健康プラットフォーム・アプリケーション「WM(わたしムーヴ)」と連携させて、データを蓄積したり、蓄積したデータをいつでも確認できたりする。

 前機種に対するユーザーの意見を反映し、より柔らかい素材を利用して装着のしやすさを向上させたと説明する。バンドの止め具に利用していた金属部品も排除した。さらに、操作用のボタンの位置も変更し、使い勝手の改善を図った。

 端末の製造メーカーは前機種では東芝だったが、今回の機種はオムロン ヘルスケア製だという。

 その他の主な変更点は次の通り。

【連続動作時間】
 4~5日 → 約7日

【重さ】
 25g → 17g

【機能】
 アラーム(睡眠状態を把握し、起きやすいタイミングで振動する)機能を追加

【カラーバリエーション】
 2色 → 3色

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング