• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ラティス、XVLデータを管理するデータベース製品を開発---2014年夏に製品化

ラティス、XVLデータを管理するデータベース製品を開発---2014年夏に製品化

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2014/05/13 19:36
  • 1/1ページ
 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3Dデータ形式「XVL」を管理するためのデータベース製品「XVL Contents Manager」(以下XCM)を開発中であることを明らかにした。3D-CADデータを変換しただけのマスターXVLデータと、それを編集して工程情報などを付加したXVLデータや作業指示書などの成果物を、関連性を保ちながら一括管理できるようにする。設計変更時の通知や更新の機能も用意し、最新の設計データに基づくように成果物を管理できる。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ