• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ラティス、XVLデータを管理するデータベース製品を開発---2014年夏に製品化

ラティス、XVLデータを管理するデータベース製品を開発---2014年夏に製品化

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2014/05/13 19:36
  • 1/1ページ
 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3Dデータ形式「XVL」を管理するためのデータベース製品「XVL Contents Manager」(以下XCM)を開発中であることを明らかにした。3D-CADデータを変換しただけのマスターXVLデータと、それを編集して工程情報などを付加したXVLデータや作業指示書などの成果物を、関連性を保ちながら一括管理できるようにする。設計変更時の通知や更新の機能も用意し、最新の設計データに基づくように成果物を管理できる。
【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ