設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

ラティス、XVLデータを管理するデータベース製品を開発---2014年夏に製品化

中山 力=日経ものづくり
2014/05/13 19:36
印刷用ページ
 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3Dデータ形式「XVL」を管理するためのデータベース製品「XVL Contents Manager」(以下XCM)を開発中であることを明らかにした。3D-CADデータを変換しただけのマスターXVLデータと、それを編集して工程情報などを付加したXVLデータや作業指示書などの成果物を、関連性を保ちながら一括管理できるようにする。設計変更時の通知や更新の機能も用意し、最新の設計データに基づくように成果物を管理できる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング