• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > エリジオン、3Dデータ変換ツールに属性情報の自動編集機能を追加

エリジオン、3Dデータ変換ツールに属性情報の自動編集機能を追加

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2014/05/13 18:50
  • 1/1ページ
 エリジオン(本社浜松市)は、3Dデータ変換ツール「ASFALIS」の新バージョン「同 EX6.0」を2014年5月13日に発売した。新版ではデータ変換時に属性情報を一定ルールで書き換えたり、アセンブリの構成を自動で組み替えたりする機能を追加。変換後のデータを使う部門にとって使いやすい形にすることを目的とした機能だ。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ