• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ウエアラブル 身に着ける機器の今と未来を探る
 

ウエアラブル心拍センサーを用いたコンディション可視化サービス「Lifescore」、WINフロンティアが解析ソフトウエアの提供開始

小谷 卓也=日経デジタルヘルス
2014/05/12 16:59
1/1ページ

 WINフロンティアは、ウエアラブル心拍センサーを活用したストレス・リラックスなどのコンディション可視化サービス「Lifescore」の解析ソフトウエアの提供を2014年6月2日に開始する。クリニックやフィットネスクラブ、ヨガスタジオ、リラクゼーションサロン、ホテル・リゾートなどの法人向けに提供する。

 現代人は、ストレスなどから交感神経が優位になりがちで、その状態が続くと血流が悪くなり、便秘や冷え性、不眠、消化不良といった症状が出て免疫力低下を招くとされる。そのため、副交感神経をいかに高めるかが重要なテーマとなる。「Lifescore」のサービスを活用すると、簡単にこうしたコンディションのセルフチェックが可能になるという。なお、同サービスは、東京大学 医学部 教授の矢作直樹氏と順天堂大学 医学部 教授の小林弘幸氏が監修している。

 今回のサービスのフローは次の通り。まず、各法人の店舗などにおいて、心拍センサー「My Beat」を顧客に貸し出し、一定時間装着・測定してもらう。その後、各法人にて今回のソフトウエアを使用したデータの自動解析を行い、測定結果レポートを作成・発行する。そのレポートに基づき、生活習慣の見直しなどのアドバイスにも活用できる。レポートの中では、自律神経バランスを整えるのに有用な、日常生活で簡単にできるアクティビティも紹介する。

 測定レポートで出力される評価項目は、次の三つ。
・ 「メンタルコンディション」(起きているとき全体、行動ごと、寝ているときの自律神経の状態)
・ 「フィジカルコンディション」(カラダを動かした時間、姿勢の美しさ)
・ 「きょうのメンタル×フィジカルバランス」

 利用者がその時々における行動内容などを記録しておくと、「どんなときにストレスを感じているか」、「自分の気持ちと測定結果にギャップがあるか」などが分かるという。

[クリックすると拡大した画像が開きます]
日経デジタルヘルス・セミナー

『医療ビッグデータ・サミット2016』
2/26(金)に東京・永田町で開催!


「いよいよ研究から臨床・実サービスへ」と題して、遺伝子データをはじめとするビッグデータの臨床・実サービスへの応用に関する現状と課題、展望を探ります。詳細はこちら

日時:2016年2月26日(金) 10:00~17:00
場所:JA共済ビル カンファレンスホール(東京・永田町)
主催:日経デジタルヘルス

印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング