家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ソニーの2014年3月期は1300億円の最終赤字へ、業績見通しを下方修正

大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
2014/05/01 20:41
印刷用ページ

 ソニーは、2014年2月6日に発表していた2013年度(2013年4月~2014年3月)の連結業績見通しを下方修正した。2月6日時点での予測に比べて、営業利益は540億円減の260億円、当期純損益は同200億円悪化の1300億円の赤字になる見通しという。

 下方修正の要因は大きく二つある。第1に、パソコン事業の収束に伴う費用として約300億円の追加計上が見込まれること。2月6日にパソコン事業収束を発表した後、2013年度と2014年度のパソコン販売見込みが2月時点の想定を下回った。この結果、余剰となった春モデルの手元部品の評価減や、発注済み部品に対する補償の計上が見込まれるという。また、構造改革費用を一部前倒しで計上する。

 第2に、海外での光ディスク製造事業に関して、約250億円の減損の計上が見込まれること。主に欧州地域でのディスクメディアの需要が想定以上に縮小していることを受けた処理である。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング