半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

JSRが中期経営計画を発表、「20nm以降で半導体レジストのシェア回復を見込む」

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2014/04/24 07:00
印刷用ページ
ArF液浸レジストでシェアを回復中
ArF液浸レジストでシェアを回復中
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 JSRは2014年4月23日、2014~2016年度の中期経営計画を発表した。東京都内で説明会を開催、代表取締役社長の小柴満信氏が登壇した。2016年度に売上高5000億円、営業利益500億円の達成を目指すという。

 2011~2013年度の中期経営計画目標は未達に終わった。2013年度の売上高は3943億円と当初計画(4200億円)を下回り、営業利益も361億円と当初計画(600億円)を大幅に下回った。主力の石油化学系事業以外の多角化事業が伸び悩んだことが要因という。特に、半導体ウエハーの世界出荷面積が当初予測を大幅に下回ったことや、40~30nm世代の半導体レジストでシェアを落としたこと、FPD向けレジストでアジア勢にシェアを奪われたことなどが効いた。「ITOフィルム事業の立ち上げがうまく行かなかったことも大きい」(小柴氏)という。

 2016年度に向けては、既存事業を強化するほか、Liイオンキャパシタ事業とライフサイエンス事業という二つの戦略事業を立ち上げていく。このうちLiイオンキャパシタ事業では、300万セルの生産能力を持つ量産工場の建設を決定。2014年中に竣工し、2015年に商業生産を開始する。2016年度に、石油化学系事業で260億円、レジストなどのファイン事業と戦略事業の合計で240億円の営業利益を上げるとの目標を掲げた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング