• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEロボット > 東芝、ドライブレコーダーなど向けに画素ピッチ5.6μmの1/4型CMOSセンサー

東芝、ドライブレコーダーなど向けに画素ピッチ5.6μmの1/4型CMOSセンサー

  • 赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/03/27 16:56
  • 1/1ページ
 東芝は、出力画素数が648画素×486画素(NTSC/PAL)で光学サイズが1/4インチのCMOSイメージセンサー「TCM3211PB」を、2014年4月末から量産出荷する。5.6μmと大きな画素ピッチを採用して、低照度環境での感度を上げた。月明かりなどの微小な光の下でも、被写体を明るく映し出せるという。監視カメラやドライブレコーダーなどでの採用を見込む。
ロボット技術の専門誌 日経Robotics、ロボット産業の拡大に向けてグローバルな最先端の技術情報をお届けします。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓