• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東芝、ドライブレコーダーなど向けに画素ピッチ5.6μmの1/4型CMOSセンサー

東芝、ドライブレコーダーなど向けに画素ピッチ5.6μmの1/4型CMOSセンサー

  • 赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/03/27 16:56
  • 1/1ページ
 東芝は、出力画素数が648画素×486画素(NTSC/PAL)で光学サイズが1/4インチのCMOSイメージセンサー「TCM3211PB」を、2014年4月末から量産出荷する。5.6μmと大きな画素ピッチを採用して、低照度環境での感度を上げた。月明かりなどの微小な光の下でも、被写体を明るく映し出せるという。監視カメラやドライブレコーダーなどでの採用を見込む。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ