• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東芝、ドライブレコーダーなど向けに画素ピッチ5.6μmの1/4型CMOSセンサー

東芝、ドライブレコーダーなど向けに画素ピッチ5.6μmの1/4型CMOSセンサー

  • 赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/03/27 16:56
  • 1/1ページ
 東芝は、出力画素数が648画素×486画素(NTSC/PAL)で光学サイズが1/4インチのCMOSイメージセンサー「TCM3211PB」を、2014年4月末から量産出荷する。5.6μmと大きな画素ピッチを採用して、低照度環境での感度を上げた。月明かりなどの微小な光の下でも、被写体を明るく映し出せるという。監視カメラやドライブレコーダーなどでの採用を見込む。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓