デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

クルマがけん引して拡大する衛星測距システム市場、アルプス電気はモジュールを初投入

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2014/03/25 20:00
印刷用ページ
図1 複数の測位システムに対応する車載向けGNSSモジュール「UMSZ2シリーズ」
図1 複数の測位システムに対応する車載向けGNSSモジュール「UMSZ2シリーズ」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 アルプス電気は2014年3月25日、複数の測位システムに対応する車載向けGNSS(global navigation satellite system)モジュール「UMSZ2シリーズ」を開発したことを発表した(図1)。同年4月にサンプル出荷を始める。量産開始は同年10月を予定しており、生産規模は2万個/月である。

 GNSSは現在、米国のGPSのほか、ロシアのGLONASS、中国のBDSなどの測位システムが運用を開始しており、欧州のGalileoも運用開始に向けた準備を進めている段階にある。UMSZ2シリーズは、一つのモジュールで複数のGNSSに対応した。

 UMSZ2シリーズは2品種ある。「Type A」はGPS/GLONASS/Galileo(予定)に、「Type B」はGPS/BDS/Galileo(予定)に対応する。複数のGNSSに対応しているため、カーナビなどに搭載するモジュールを仕向地ごとに変更する必要がなくなる。さらに、「複数の衛星から電波を同時受信できるため測位の精度を高められる」(アルプス電気)という。

 感度は、捕捉動作のときに-147dBm、追尾動作のときに-160dBmである。起動時間は、コールドスタート時に35秒、ホットスタート時に1秒。モジュールの外形寸法は25.0mm×20.0mm×2.6mm。外部インターフェースとしてUARTを備える。3.3Vの単一電源で動作可能である。GNSSからの電波受信に必要なアンテナの状態を検出する回路も内蔵している。

GNSS市場は10年で4.5倍に


 実は、アルプス電気がGNSSの測位モジュールを製品化するのは今回が初めて。同社は「カーナビだけでなく、“コネクテッドカー”と呼ばれる無線通信機能や位置推定機能を備える自動車にもGNSSモジュールは欠かせない存在になる」(同社の担当者)と判断し、参入を決めた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング