• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > Heliatekが半透明な有機薄膜太陽電池で効率7.2%、窓や車の屋根への利用を想定

Heliatekが半透明な有機薄膜太陽電池で効率7.2%、窓や車の屋根への利用を想定

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2014/03/25 11:28
  • 1/1ページ
Heliatek社の半透明な有機薄膜太陽電池フィルム
Heliatek社の半透明な有機薄膜太陽電池フィルム
[画像のクリックで拡大表示]
自動車の屋根に実装した例
自動車の屋根に実装した例
[画像のクリックで拡大表示]
ビルの窓に実装した例
ビルの窓に実装した例
[画像のクリックで拡大表示]
製造の様子
製造の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツHeliatek社は2014年3月24日、光透過率が40%と半透明の有機薄膜太陽電池で変換効率7.2%を実現したと発表した。

 同社は透明でない有機薄膜太陽電池で変換効率12.0%を達成している(関連記事)。これに対して、今回は光透過率が40%で変換効率7.2%。「つまり、太陽光の60%を有効に使えている」(同社)とする。

 Heliatek社は既に、有機薄膜太陽電池フィルムを「HeliaFilm」という製品名で出荷を始めている。出荷先は例えば、同社が2013年9月に、建材用太陽電池(Building Integrated Photovoltaics、BIPV)の共同開発で提携した旭硝子の欧州法人AGC Glass Europeなどだとみられる。今回の半透明化は、HeliaFilmの窓や自動車の屋根など、「用途の選択肢を広げる」(同社)としている。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ