メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

北越紀州製紙、茨城県の二つの拠点内にメガソーラーを導入

加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
2014/03/18 13:50
印刷用ページ
 
関東工場内に完成した出力1.5MWのメガソーラー(出所:北越紀州製紙)
関東工場内に完成した出力1.5MWのメガソーラー(出所:北越紀州製紙)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 北越紀州製紙は3月17日、茨城県にある同社グループの二つの拠点に、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を導入すると発表した。

 まず、茨城県ひたちなか市にある、同社の関東工場の敷地内に導入した出力約1.5MWの地上設置型のメガソーラーが、4月に発電を開始する。設置面積は約2万m2、稼働後の年間発電量は約1670MWhと予想している。

 次に、茨城県常陸太田市にある、同社の子会社である北越フォレストの工場の屋根の上に設置する、出力約1MWのメガソーラーが5月に発電を開始する。設置面積は約1万3000m2、稼働後の年間発電量は約930MWhと予想している。

 関東工場に導入したメガソーラーについては、八洲電機(東京都港区)が設置したと、八洲電機が同日、発表している。八洲電機にとっては、初めてのメガソーラー建設になるという。

 関東工場では、このほか、2006年から、住宅の解体材などから作られた木質燃料を使ったバイオマスボイラーを稼働し、発電事業に取り組んできた。バイオマスボイラーによる発電容量は4万2900kWで、工場で使うすべての電力を賄っているほか、余剰電力は電力会社に売電している。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス