医療系アプリを開発する学生向けコンテスト

  • 三輪 芳久=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/03/17 21:41
  • 1/1ページ
  • 保存

 医療学生、デザイナー、学生エンジニアなどがチームを組み、実際に使える医療アプリを開発するコンテスト「AppliCare」が開催される。主催は医療学生ラウンジという大学生/大学院生が中心となった団体で、2014年6月末まで参加者を募って複数人のチームを編成し、アプリを開発する。参加者は約40名、10チームを予定している。2014年7~8月には参加者向けのセミナーや合宿を行い、参加者のスキルを磨き、8月30~31日のプレゼンテーションに備える。

 個人単位での参加も可能で、アプリ開発に必要なチームが組めるように事務局側が調整する。

 昨年優勝した「flixy」は、ハードウエアとソフトウエアを連携させた服薬支援アプリで、現在も実用化に向け、さらなる開発を進めている。

  • 保存
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ