エネルギー
 

コープさっぽろ、自社のメガソーラー電力を自店舗で利用、エナリスと協業

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2014/03/07 21:18
印刷用ページ
エネルギー地産地消の新たなスキーム(出所;エナリス)
エネルギー地産地消の新たなスキーム(出所;エナリス)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 エナリスは3月7日、生活協同組合コープさっぽろ(北海道札幌市)と協業し、北海道内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)で発電した電力をコープさっぽろの施設で利用する「エネルギー地産地消」を実現する新たなスキームを開始すると、発表した。

 具体的なスキームとしては、エナリス、およびコープさっぽろの100%子会社であるエネコープ(北海道札幌市)が協同して、北海道内の再生可能エネルギー発電事業者から、再生可能エネルギー由来電力を買い取る。その際、固定価格買取制度(FIT)において、政府が決めた買取価格に環境価値を評価してプレミアムを付ける。コープさっぽろは、エナリスが買い取った電気を、新電力会社(PPS)経由でコープさっぽろの店舗で利用する。

 今回のスキームにおける第1号案件として、エネコープが自社で所有する2カ所のメガソーラー「コープ・市民ソーラーとかち川西発電所」と「コープ・市民ソーラーとかち南町発電所」(2カ所の合計で出力約2MW、年間発電量想定約200万kWh)で発電した電気をエナリスが買い取る特定契約を締結した。エナリスは、買い取った電気を、新電力を通じてコープさっぽろに供給する。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング